前田誓也法律事務所│宮城県│仙台市│弁護士│民事事件・不動産訴訟・刑事事件

qrcode.png
http://ma-se-law.jp/
モバイル版はこちら
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス

 
 

刑事弁護

 

刑事弁護

刑事弁護
 
刑事事件
1.国選刑事弁護
刑事事件を国選弁護人として受任する場合は、日本司法支援センター(法テラス)から報酬が出ます。
その他に被疑者・被告人のご家族に報酬としてお支払いただくお金はございません。
裁判所が判決で被告人に訴訟費用の負担を命じた場合(収入のある被告人に執行猶予判決が出た場合などに多いです)は、弁護士に対して直接ではなく、裁判所に対して弁護士費用を含む訴訟費用(国選で通常の自白事件であれば大体6万円から8万円くらい)を収めていただくことになるかと思います。



2.私選刑事弁護
私選弁護人として受任する場合は、通常の規模の事件(例:単純な窃盗や自動車運転過失致傷)で、従前、大体以下のような範囲で取り決めさせていただいておおります。

起訴前(逮捕されてから起訴・不起訴の決定まで)
着手金15万円〜30万円 報酬0円〜30万円程度
 
起訴後(起訴されてから判決まで)
着手金15万円〜30万円 報酬0円〜30万円程度
 

裁判員裁判対象となるような重大事件(殺人・放火・強盗致傷など)の場合、あるいは重大犯罪でないとしても内容複雑な否認事件等で相当の時間と労力を要する場合は、
 
起訴前(逮捕されてから起訴・不起訴の決定まで)
着手金25万円〜50万円
報酬0円〜50万円程度
 
起訴後(起訴されてから判決まで)
着手金25万円〜100万円
報酬0円〜100万円以上

というかたちで取り決めさせていただいております。



3.保釈金
念のため保釈金について補足説明します。
保釈金は弁護士費用ではありませんので、保釈申請については国選・私選を問わず別途裁判所に納付していただく保釈金が必要になります。
保釈金については裁判所の決定によりますので事前にお幾らかかるとお示しすることはできませんが、従前経験した事件では100万円〜300万円になることが多かったです。被告人が判決まで遵守事項を守って出廷すれば没収はされません(返還される)。
なお、否認事件や重大事件の場合は保釈自体が認められない可能性があります。

 

前田誓也法律事務所
〒980-0812
宮城県仙台市青葉区片平一丁目5番20号
 Ever-I片平丁ビル6階
TEL.022-395-9925
FAX.022-395-9926

─────────────
──

・弁護士
・法律相談
・民事事件 
・不動産訴訟
・刑事事件
─────────────
──

<<前田誓也法律事務所>> 〒980-0812 宮城県仙台市青葉区片平一丁目5番20号 Ever-I片平丁ビル6階 TEL:022-395-9925 FAX:022-395-9926